カラダをぽかぽかにする食べ物とは??

どうも、皆さん。ご機嫌いかがですか?
りらケアの福本です(´◉◞౪◟◉)

すっかりお鍋が美味しい季節になりました!
寒くなると、暖かいものが食べたくなりますね♡

そんなお鍋も良いのですが
普段、お鍋ばかりっていうのも飽きてしまいますし

栄養は口からでしかとれません!
身体の健康は栄養があってこその健康なので
今日は、この時期の身体を温める食べ物について
紹介をしてみようと思います(`・ω・´)

基本、旬のものをその時に食べる事が良いとされていますが、
それには大切な意味があります。
私たちのからだは1~2週間のサイクルではなく、
自然の恵みに沿った四季のサイクルで、生理的にバランスをとっています。

日本の風土の特色は、四季があることです!
季節ごとに食材があり、
旬の野菜や魚などを食べることで
免疫力を高めたり、抵抗力をつけたりと、丈夫なからだづくりにつながっていきます。
それらを上手に食べることで身体のバランスを整え、健康を保ってきたんですね!

苦味には、
ミネラルやビタミンなど老廃物を排出する為に特化した栄養素が含まれている事が多いと言われています。

春は、生命力あふれる季節なので
春野菜にはたくさんの葉緑素とカロチノイドなど
抗酸化力のある野菜が多く、新しい細胞を作り出す為の栄養が入った野菜が多いと言われています。

暑い夏には、身体を冷やし体調を整えてくれる
水気や酸味を多く含んだウリ科やナス科の野菜が多いです。

食欲の秋には
夏に疲れた身体を回復し
寒い冬に備える為に栄養がたっぷり入った食べ物が多いです。
きのこ類は免疫を上げてくれますし
秋になるとサンマも出てきますね!
サンマは胃腸を温め、疲労を取ってくれたり
良質なたんぱく質源でもあります!
実は、あまり知られていない「お蕎麦」は
秋が旬の食べ物で、お蕎麦には必須アミノ酸が8種類すべて含まれていたりします。

冬は、寒さから身体を守るため、身体を温める根菜
(ごぼう、にんじん、れんこんなど)や脂肪類をたっぷり摂ります。
身体を温める事は代謝がアップするという事で
根菜類には、他にもカリウムが含まれており
カリウムは体内の血液に含まれる塩分を尿と一緒に排泄する作用があります。
食物繊維も豊富に含まれており、腸をキレイにしてくれる作用をもっています。

この時期なら、豚汁なんかとても良い食べ物ですよね!
それから、筑前煮もとても理に適っているおかずですね!

是非、みなさんも食事から
身体の健康を見直してみてください!

では!本日はこの辺で(=゚ω゚)ノ

 

福本